酒田五法 FXテクニカル・チャート分析入門 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

酒田五法の見方・使いかた

酒田五法は日本古来の分析の中にあっても古典的なものであり、罫線分析の基本とされています。江戸時代の米相場で名を馳せた本間宗久が編み出したと言われていますが、これに関しては諸説ある所ではっきりとはしていません。ただ、明治時代の初期にはまとまっていたものと思われます。酒田五法は名前の通り5つの相場に対する見方・考え方を基本としています。いわゆる『三兵』『三空』『三川』『三山』『三方』の5つです。
『三兵』はローソク足分析でも出た、いわゆる『赤三兵』のことです。戦いの中で第一段、第二段、第三段と兵力が投入されて、劣勢だった戦局を押し戻す姿になぞらえていると言われています。売りに押されていた相場が反発に転じる局面において出現するものとされています。特に長期間下落していた相場で『三兵』が出現した場合は、その信頼感が高いと言われています。
『三空』とは窓開けの際の考え方を表すものです。窓のことを空といい、それが3つ連続して現れた場合は、人気の高まり過ぎが意識されて、逆に天井打ちとなる可能性があることを示しているとされています。窓に関しては出る場所に応じて見方が変わりますが、「空の押しは窓埋めまで」という相場格言もあります。逆に下落局面で3回連続空ができることを『三空叩き込み』といいます。この際は下落基調が行き過ぎという見方が成り立つと言われています。
『三川』とはローソク足3本の組み合わせで生じるとされています。比較的長い陰線の翌日に実体の短い陽線もしくは陰線で引け、翌日に窓を開けて戻し、最初の陰線とほぼ同じ水準まで戻して引けた時に完成します。これは全く逆の形でも成り立ちます。
酒田五法01
このように、一つだけ飛び出た状況を三川といい、下放たれた時を明けの明星、上放たれた時を宵の明星といい、反転のサインと考えられています。
『三山』とは相場のうねりの中で形成される3つの山のことで、典型的なものが三尊天井、ローソク足分析でも出たヘッド・アンド・ショルダーのことです。この形が上昇局面で出た場合は下げに、下落局面で出た場合は上げにつながっていくものとされています。
『三法』とは、これまでの分析とは違い、相場に対する心構えについて説いているものです。相場には売りと買いしかないと考えがちですが、『三法』においては休むもまた相場、と説いています。ある時期はポジションを持たずにじっくりと考えることもまた必要、というものです。よくわからない局面、迷っている状況での取引は得てして悪い結果となることが多いことも事実です。迷った場合は決済して冷静に判断することも重要であるということを説いています。
+関連ページ FXのテクニカル分析入門講座
Page Top