パラボリック FXテクニカル・チャート分析入門 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

パラボリックの見方・使いかた

パラボリックとはRSIやDMI、PIVOTなどを開発したJ.W.ワイルダー氏によって開発されたテクニカル分析手法です。SAR(ストップ・アンド・リヴァースポイント)と呼ばれるラインを用いたトレンドフォロー分析です。
SARの求め方は以下のようになっています。
SAR=前日のSAR+AF×(EP-前日のSAR)
EP:エクストリーム・ポイント。上昇時は最高値、下降時は最安値。
AF:加速因子。初期値は0.02でEPが更新されるたびに0.02ずつ加算。最大0.2。

ドル円 日足チャート

パラボリックチャート図
取引のやり方としては、SARが価格の上にある場合は売り、下にある場合は買い、といったように、
視覚的に非常にわかりやすい特徴のあるテクニカル指標であるということが出来るでしょう。
それでは、実際のチャートを見てみましょう。上のチャートのように、SARと価格がクロスした際に転換することがわかります。
パラボリックは大きなトレンドが出来た時に力を発揮する分析手法です。その反面、レンジ圏ではだましが多くなり、損切りが増えることになります。つまり、いかにトレンドを掴むかが重要となるわけです。開発者のJ.W.ワイルダー氏はパラボリックの使用に際し、DMIとの併用を勧めています。
+関連ページ FXのテクニカル分析入門講座
Page Top