一目均衡表 FXテクニカル・チャート分析入門 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

一目均衡表の見方・使いかた

一目均衡表は一目山人こと故細田悟一氏が私設研究所を作って7年の歳月をかけて作り上げた手法です。相場は売り手と買い手のいずれかが勝ち、いずれかが負けているかを知るだけで十分であり、両者の均衡が破れた方へと大きく動くので、相場の趨勢は一目瞭然との意味合いから一目均衡表と名付けられ、時間論・波動論・水準論の3つを骨格として展開されています。
一目均衡表は転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンの5本の線によって構成されています。
・転換線:当日を含む(過去9日間の高値+安値)÷2(当日の相場上に記入)
・基準線:当日を含む(過去26日間の高値+安値)÷2(当日の相場上に記入)
・先行スパン1:(転換線+基準線)÷2(当日を含む26日先に記入)
・先行スパン2:(過去52日間の高値+安値)÷2(当日を含む26日先に記入)
・遅行スパン:当日の終値を当日を含む26日前の位置に記入する。
これらの線の中で基準線は、相場そのものの基準であり、現在の価格が基準線の上にあるのか、下にあるのかは非常に重要とされています。上にあれば強気相場、下にあれば弱気相場と判断します。また、基準線の方向感が相場の方向感をしめします。相場の上昇には基準線の上昇が必要とされています。
また、押し目・戻りのポイントにもなります。ただ、強い相場では転換線が押し目・戻りのポイントになることもあります。
基準線と転換線の見方ですが、転換線が基準線の下から上へと抜け、基準線が上向きに転じた状態を好転と言い買い転換、転換線が基準線を上から下へと割りこみ基準線が下向きとなった状態を逆転と言い売り転換のサインとします。
遅行スパンは現在の価格と26日前の価格を比較するもので、現在の価格と並行する線となっています。遅行スパンは一目山人が最も重要としている線です。その見方は遅行スパンが日々線を上回ってきた場合を好転と言いって買いサイン、遅行スパンが日々線を下回ってきた場合を逆転と言って売りサインとなります。
先行スパン1・2で挟まれたレンジを雲といい、これを重要視している投資家は意外と多いということが出来るでしょう。雲は基準線と同様に相場の強弱など見るものとされています。意味合いとしては現在の相場が雲より上にあれば強気相場、下にあれば弱気相場と判断します。また、この雲は強気相場では押し目の限界、弱気相場では戻りの限界とされています。
しかし、この雲をブレイクした時は大勢の転換が意識されることになります。また、この雲の厚さは相場のしこりを示すとされています。つまり、雲が薄ければそれだけ過去の相場のしこりが少なく、雲を抜ける可能性が高くなります。逆に雲が厚ければ過去の相場のしこりが多く、雲を抜ける可能性が低くなります。

ドル円日足(2011/12/8~2012/6/1)

一目均衡表チャート01
上のチャートは一目均衡表をつけたものですが、①の段階は遅行スパンがローソク足や基準線・転換線、さらに雲も抜けての動きとなっています。こういった局面では買いとなります。また、②の段階では、基準線が転換線を上向け、さらに価格も雲を突破しています。②の段階は時間的には①の時間と同じであり、買い圧力が強まっていることがわかります。このように転換線が基準線を上回る状態で、基準線が横ばいもしくは上昇し、遅行スパンが26日前の相場を上回り、さらに現在の相場が抵抗線を上回ることを三役好転と言い、買いのポイントとして意識される局面とされています。
続いて③の状況ですが、遅行スパンがローソク足や転換線・基準線を下回ってきており、流れとして売りが意識される局面と言うことができるでしょう。④、⑤は時系列としては③よりも先に見られる動きですが、価格が転換線を下抜ける、転換線が基準線を下抜けるといった、いわゆる逆転の動きが見られる局面となっています。
また、⑥の局面のように、雲が厚くなる場面があり、これが過去のしこりが大きいところであり、ここで支えられたり、抑えられたりすることが多いのですが 、今回のように逆に厚い雲を下抜けるといった動きが見られる時は、かなりの売り圧力の強まりを感じさせる局面であるということが出来るでしょう。また、⑦の局面は先行スパンが交わり、1と2が逆転する格好となっています。こういった場面を雲のねじれと呼び、相場の転換を暗示すると言われています。
一目均衡表は時間の経過とともに形成される波動を重視します。波動論は基本波動の『N波動』と『S波動』、さらに目先の変動を読み取る中間波動の『Y波動』と『P波動』があります。
一目均衡表01
波動の基本は上げ-下げ-上げの3つの波から構成されています。上げ下げそれぞれ1つの波動を『I波動』、2波動を『V波動』そして、上げ-下げ-上げの3波動をもって『N波動』とるわけです。逆に下げ-上げ-下げの場合を『S波動』と呼びます。そして、上昇5波動はN波動の2連続であり、7波動は3連続、といった見方をします。波動の特徴としては上昇相場では上げが大きく、押しが小さくなります。下落相場においてはその逆となります。
Y波動は動きが徐々に大きくなっていく形です。途中を捨象してみると、最終的にはN波動となります。一方、P波動は動きが徐々に小さくなっていくもので、いわゆる三角持ち合いの形となります。
また価格水準を予想するものとして、基本計算値の考え方があります。
一目均衡表02
これはあくまでも形成された波動からバランスの良い水準であって一般的な目標値とは異なります。計算方法は『N計算』、『V計算』、『E計算』、『NT計算』の4つの基本型があります。それぞれの計算は以下のようになります。
N計算値:N=C+(B-A)
V計算値:V=B+(B-C)
E計算値:E=B+(B-A)
NT計算値:NT=C+(C-A)
この4つの計算は目先、小勢、中勢、大勢において全て同じとなっています。また小勢波動において4つの型はともに倍加することがあります。大相場においては4倍が目標となり、これを4層倍と言います。例えば、E計算値において、4倍層となった場合の計算値は4E=B+4(B-A)となります。
また、一目均衡表において重要視されるものとして、時間があげられます。一目山人は時間は相場に影響を及ぼし、相場は時間に支配される、と述べています。つまり時間が主体であり、価格は客体にすぎないという考え方をもとに、時間で相場の変化を捉えようとします。これは独特の見方ということが出来るでしょう。
また、時間関係では、時間の均衡をもとに変化日を探る方法を取ります。
変化日とは通常、相場が転換する日であり、大相場や下げ相場では加速する特徴があります。変化日がずれてその後の反動が大きくなる延長というものもあります。また、傾向としては変化日までジリジリ下げた相場が変化日で転換できなかった場合、そこから下げが加速するといったものがあります。
時間分析は、相場自らの主体的な影響によって相場に変化をもたらす時間と、過去の波動かに費やした時間などによって相場に変化をもたらす時間の2つの側面を持っています。これらをそれぞれ『基本数値』、『対等数値』といいます。『対等数値』はその構成の家庭で基本数値に影響されているため、ほぼ基本数値に一致する場合が多くなります。
変化日の決め方は『基本数値』と『対等数値』を総合して決定するものであり、いつでも両者を照らし合わせながら、必要な方を重点的に採用し、正しい変化日を決めるものとされています。
それでは、『基本数値』がどういったものか、見ていくことにします。波動の基本はN型であることから、N型の波動における動きからカウントをしていくことになります。
一目均衡表03
基本数値とは、一目山人の研究結果として10個定められています。それは9・17・26・33・42・51・65.76・129・172とされています。この数値をAからBの期間、AからCの機関等に当てはめていくことになります。
一方、対等数字とは、これまでの動きの日柄を分析するもので、それを当てはめて今後の展開を見るものです。ただ、上述のように、対等数値も基本数値の影響を受けています。例えば、上の図の①はいわゆるCからの時間の逆のパターンであり、④はAからCと同じとなります。
一目均衡表はチャート上では基準線を始めとする5本の線での分析となってしまいがちですが、波動論、時間論などが本来非常に重要とされています。ただ、このあたりは難しいところもあり、なかなか習得が難しいところではあるでしょう。
また、一目均衡表はそもそも株式市場の分析の際に開発されたものであり、過去の株式市場は土曜日が半日取引として存在していたことを考えると、基本数値などを変更すべきといった意見があることも事実です。ただ、現状においてはこの数値を多くの人が用いており、これを変えるメリットも殆ど無いでしょう。
+関連ページ FXのテクニカル分析入門講座
Page Top