利食いと損切りのポイント FXテクニカル・チャート分析入門 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

利食いと損切りのポイント

相場において難しく、かつ非常に重要なものはポジションを取ることではなく、ポジションを決済することであるということが出来るでしょう。相場の格言においても『利を伸ばし、損を小さく』、『仕掛けは処女のごとく、仕切りは脱兎の如し』、『建玉の損益計算すべからず、利食い急がれ損は見切れず』などといったものが存在しますが、こういった格言が存在すること自体が決済の重要性、そして難しさを示しているということが出来るでしょう。利益が出ている時はもっと儲かるのではないか、逆に利益が減ってしまうのではないか、と悩むことになり、逆に損が出ている時は戻してくるのではないか、さらに損が拡大するのではないか、といったことで悩むことになります。
人間の心理として、損をしている局面においては戻るのを待ってしまう傾向にあり、利益が出ている時は利益確定を急いでしまうという傾向があります。誰しもが損をするのは嫌なものです。そして、相場において損切りをしない限り、つまりポジションが存在している限りは損失が確定しない、という特徴があります。これは相場が戻ってくれば損失が解消され、さらにプラスとなる可能性を秘めているものではありますが、さらに逆に行ってしまう可能性もあるわけで、それにより取り返しのつかない損失を被ることもあるわけです。現物でやっていれば資金がゼロ以下になることはありませんが、証拠金取引を行なっていると、追加の資金が必要となる場合が出てきます。こういったことが起こらないように損失を早い段階で確定することの重要性が言われているわけです。
それでは、利食い・損切りはどのタイミングで行うべきでしょうか。これはテクニカル分析で判断する限りにおいては比較的簡単にできることです。つまり、ポジションを取る際の根拠を考えるやり方です。ポジションを建てる際に、例えばRSIであれば売られすぎ感が出ているといったことや、ボリンジャーバンドであればバンドウォークする気配がある、といった事でポジションを取るわけですが、その環境が変化した場合は何も考えずに決済すればいいわけです。逆にRSIなどで売られすぎ感が出ている局面で買い、そのまま上昇した際は、買われ過ぎ感が出てくるまで買い続けたり、中立水準まで持ち続ける、といったことで利食いのポイントを探ることが出来るでしょう。その点で機械的に判断できるのが特徴となっています。
その他の考え方としては、マネー・マネジメントの観点から決済を考えるやり方です。これは利食いよりも損切りにおいて用いられるものですが、仮に投資資金額の5%まで損失が膨らんだら決済する、といった考え方です。仮に5.3%の損失の水準で戻しがあると思っても5%の水準で決済します。この際の損失の許容を2%にしても10%にしても問題はありません。その時の状況などによっても多少変化するものではありますが、2~5%程度が適当ではないかと思っています。0.5%などといったようにあまりに許容限度幅が狭いと、すぐに損切りになってしまい、逆に損切り貧乏になりかねないので、その点のバランスは重要でしょう。こういった場合は、最初にポジションを建てた時に決済注文も同時に入れ、決してその注文を変更しないことが重要です。
利食いと損切りのポイント
上のチャートは日足にRSIをつけたものですが、仮に、RSIで売られすぎ感が意識された①の水準で買ったとしましょう。しかし、その後②の水準まで下落し、③の水準まで戻したものの、買われ過ぎ感が出てきているといった動きとなっています。
この場合の考え方としては、①で建てた玉に対して②では2円の下落となっています。仮に200pips程度で資金の5%の損失が出るから切る、といった決め事をしていたのであれば、RSIが順調に戻してきている段階であっても一度決済して、そこから再度考えなおすといった作業が必要となるでしょう。
また、RSIが少なくとも50%、さらに言えば買われ過ぎ感が出てくるまで決済しないというのであれば③まで待つということも戦略としては可能でしょう。そうなった際は③は利食いのポイントということになるわけです。
ただ、今回に関してはやはり②の段階で再度売られ過ぎ感が意識されていることを考えると、一度は②前後の水準で決済をして様子を見て、そこから再度参入するかどうかを考えるのが無難ということが出来るでしょう。もちろん、今回のように戻ることもよくあるので、切った後でやはり買いという結論に至れば再度買い参入と言うことは戦略として有りうるでしょう。
ポジションを持っていると、相場を見る目が曇ることがあります。ムキになってそれまでの相場観に殉じるのではなく、まずは撤退して、冷静になってから考え直すという意味でも損切りは重要ということが出来るでしょう。
+関連ページ FXのテクニカル分析入門講座
Page Top