FXのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の基礎 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

FXのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の基礎

相場分析において、テクニカル分析が重要な要素の一つであることは疑いようもないことですが、その一方で相場を動かす要因としてその時の景気動向や需給関係などから相場を分析する手法もまた、重要です。
この経済の基礎要因を分析して相場の予測を行う手法はファンダメンタルズ分析と呼ばれています。テクニカル分析とファンダメンタルズ分析は分析としては様々な相違のあるものですが、多くの投資家はその両方を用いて市場を分析しています。
両方を使う方法としては、ファンダメンタルズ分析で大きな流れを掴みながら、実際の投資のタイミングをテクニカル分析で判断する、というものがあります。
例えば、経済指標などから判断するに、ある銘柄は買い局面であるという判断を下したとします。しかし、実際には上値の重い展開となっており、一時的な調整局面に入っている際、どの水準で下げ止まるのかをテクニカル分析で判断する、といった手法があります。
ファンダメンタルズ分析の最大の特徴として、分かりやすさ・理解の簡便さを挙げることが出来ます。例えば、GDP成長率が伸びたことによって株価は上昇しやすい局面に入っています、という説明は非常にわかりやすく、また説得力があります。顧客などに説明責任を負っている機関投資家やアナリストのサイドからすれば、非常に便利な分析であるということができます。
ただ、実際問題としてはGDP成長率が発表される前の段階で株価にその状況が織り込まれてしまい、良い数字が出たにも関わらず利益確定の売りによって下落してしまう、と言う事が得てして起こりうるのが相場の世界です。
また、GDP成長率以外にもファンダメンタルズの材料は多岐にわたり、さらに新たに追加されていきます。そのすべてを分析し尽くすのは事実上不可能です。そのようなファンダメンタルズ分析の限界を知っておく必要はあるでしょう。
ただ、ファンダメンタルズ分析が一概に間違っているというものでもありません。特に、ファンダメンタルズ分析は市場の目に触れる機会が多いことから、その考えに従って取引をする投資家が増えるに従い、その分析の流れが強化されることがあることは認識しておくべきです。

FX投資家が覚えておきたいポイント

ファンダメンタルズとテクニカル分析の使いかた
短期的視点と長期的視点で為替相場を分析しよう。
  • 中長期的な予想はファンダメンタルズ分析で行う。
  • 短期的、そのときどきの局面の予想、確認はテクニカル分析で行う。
+関連ページ 長期向けのFX業者はここ
Page Top