FXのシストレとは | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

FXのシストレとは

自信の売買の判断で取引する、いわゆる「裁量トレード」の対極に位置するのが「システムトレード(通称:シストレまたは自動売買)」です。

システムトレードの「システム」とは何か?

システムトレードとは一般的に、テクニカル指標のサイン「売買シグナル」などを利用して売買と決済の明確なルールを作り、それに従って機械的にトレードを実行する手法を指します。自動売買システムを使ったトレードは、究極のシステムトレードといえるでしょう。
知識と判断力を駆使して最良のトレードを目指す裁量トレードに対して、システムトレードはシステムの指示どおりに売買と決済を繰り返します。基本的に投資家の判断力は必要とされず、経済の知識も必要ありません。判断力の低下や感情の介入はトレードの大敵ですが、こういったマイナス要素を排除できるのもシステムトレードの魅力です。

FX初心者はシステムトレード向きではある

FX投資家が増えるにつれ、FX関連の書籍やウェブサイトなどでシステムトレードを初心者に推奨するケースも増えてきました。確かに、素人考えでファンダメンタルズを分析して判断するよりも、信頼できるテクニカル指標のパラメータや組み合わせを吟味し、サインに従って売買を繰り返す方が結果は出しやすいはずです。
またFXは、良くも悪くも24時間取引ができてしまうため、心理的負担、損切りの判断がつかないなど初心者の方にはハードルが高い金融取引です。この点をサポートするメリットもあります。
最後にデメリットについてご説明します。さまざまなサイト、書籍で「システムトレードは儲かる!」「かんたんで安心」などと紹介されていますが、それは正しくありません。システムトレードもFXと同様、大きな損失を出す可能性もあります。また成績もその時々で変わります。
例えば昨年、数カ月負け続けていたが、今年は調子が上向いてきて、その損失を取り戻して利益を積み上げている、逆に昨年1年近く勝ってきたが、今年は負け続けているなど。調子が悪くなったEAはデモ口座などに移し成績を確認し続ける。調子がいいEAは、本口座で稼働を続けるなどの運用の工夫は必要になります。
やはり、適時EAは入れ替える必要がある、どこかのタイミングで捨てないといけない可能性が出てくると考えていたほうがいいと思います。

システムトレード(シストレ)を始める前に覚えておきたいポイント

メリットとデメリットはおさえておこう
シストレは利益を生み出し続ける万能な手法ではありません
  • シストレはFXの心理的負担、時間的な負担を和らげてくれる効果も
  • リミット・ストップ注文を活用し、利益・損失をコントロールする必要も
  • EAにも相場状況に応じて調子がいい、悪い期間がある
Page Top