為替相場、レートの仕組み | 円高・円安とは | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

円高と円安の意味を理解しておこう

FXを始めると「円高」「円安」という言葉を頻繁に聞くことになるでしょう。しかし、為替について関心を持ち始めた人のなかには、レートがどちらに動いたときに「円安」「円高」になるかが混乱している大もいます。
「円高」とは文字どおり日本円の価値が高くなること、「円安」は価値が低くなることを表します。では、1米ドル=100円たった為替レートが、1米ドル=95円になったときは「円高」でしょうか、「円安」でしょうか。
このとき、100円出さないと1米ドルに交換できなかった状態から、95円で1米ドルを手に入れられることになっています。
つまり少ない金額で1米ドルを手にできるわけですから、相対的に日本円の価値が高くなったということです。このときは「円高」になっています。逆に1米ドル=105円になれば、105円出さないと1米ドルを手に入れられないわけですから、相対的に円の価値が下がったことになります。
情報収集するときに「円高」と「円安」を取り違えて理解すると、まったく逆の意味に受け取ることになりかねません。場合によっては、それによってはマーケットの流れに逆らう判断をして、大きな損失を生む可能性もあります。しっかりと理解しておきましょう。
+関連ページ FXの基本
Page Top