為替相場の一年の流れ | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

為替相場の一年の流れ

一年を通して、為替相場の動きやすい時期と動きが緩やかになる時期があります。一年間の相場の動きには大体決まった流れがあります。この流れをあらかじめ把握し、中長期の売買に活用しましよう。

欧米企業の決算期12月は取引量が増えて相場が動く

日本企業の決算期は3月が多いですが、欧米企業の多くは、12月に決算期を迎えます。12月の決算期に向けて、企業の為替取引は活発化する傾向が強くあります。特に海外に現地法人や子会社を持つグループの企業では、海外法人や子会社が出した利益を自国通貨に戻す動きが増えるためです。
このように、グローバル企業が多いアメリカや欧州主要国では12月に通貨需要が増えます。そのため、米ドル高、ユーロ高になる傾向があります。とはいえ、取引量が活発になるのもクリスマス休暇前までです。企業が一斉に休暇に入れば取引量は一気に落ち着くことになります。

トレンドと逆の動きが多くなるのも12月

12月は決算に備えて手持ちのポジションを手じまいし、取引関係を解消する金融機関や機関投資家が増える傾向にあります。買ったものを売り、売ったものを買い戻すため、それまでのトレンドとは逆の動きが起こる場合が多いとされています。金融機関や機関投資家は取引量が多いため為替相場に多大な影響を与えます。

四半期決算の欧米企業で動きが大きくなる時期

欧米企業は四半期決算なので、3月、6月、9月にも同様の動きが起こりますが、総決算となる12月が最も動きが大きくなります。逆に、決算月の翌月(1月・4月・7月・10月)は、ポジションを増やすため、新たなトレントを伴って大幅に変動する場合があります。

3月決算の多い日本企業では3月が円高になりやすい

日本では3月に決算期を迎える企業が多くあります。そのため、日本円の動きに関しては決算が集中する3月に欧米企業の12月と同じような現象が起こり、円高に振れやすくなります。3月の決算期を終えて4月に入ると日本企業は海外投資が活発になり、円安になる傾向があります。

休暇・賞与・イベント時の個人投資家の動きにも注意

個人のライフスタイルや消費行動も、為替相場の動きに大きく影響しています。日本ではボーナスの出る12月に取引量が増え、相場の動きが活発化する傾向にあります。この時期は金融機関が外貨預金などの販売に力を入れるため、外貨預金を始める人も増えます。
また、ゴールデンウイークや夏休み、年末年始などの長期休暇は、海外旅行へ行く人が増えます。海外旅行先で使う通貨を入手するために日本円を売り、外貨を手に入れることになるので、円売りが活発化します。夏休みやクリスマス前後時期は、日本国内に限らず世界的に取引量が減少するため、為替相場の動きが荒くなることがありますので注意してください。
オリンピックやワールドカップなどの世界的なイベントがある際も、為替相場の参加者が減るため、取引量は減る傾向にあります。

為替相場の一年の流れ(まとめ)

12月上旬は欧米企業の決算期が集中。相場が大きく動く時期
為替相場の1年の動きを理解しよう
  • 3月は日本企業の決算が集中するため円高にふれる傾向があり
  • 6月、11月はボーナス時期。外貨預金人気が高まるため円安傾向に
  • 12月は欧米企業の決算月なので米ドル、ユーロ高になる傾向に
  • クリスマス、年末年始は取引量が減るため値動きが穏やかになる傾向があり
+関連ページ FXの基本
Page Top