為替相場の一日の流れ | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

為替相場の一日の流れ

為替相場の変動には波があり、なおかつ時間帯によって偏りがあります。その波を把握し、得意な時間帯をつくることも利益を出すには重要です。

外国為替市場は一日中動いている

為替相場は東京、ニューヨーク、ロンドンの「世界3大市場」以外にも世界の主要都市に外国為替市場があります。1日24時間必ずどこかが開いているのです。外為市場がオープンする順番は、ニューヨーク(日本時間午前5時)に始まり、シドニー、東京、香港と続きます。時差の関係で、東から西に向かって次々にオープンします。
日本時間の夕方には欧州、夜になるとニューヨーク市場が開きます。そしてニューヨークがクローズする日本時間の翌午前7時(夏時間は1時間早まる)には、ニュージ上フンド市場が開いています。このように外為市場は24時間途切れることなく続いていきます。

取引が活発になる時間帯は相場も動く

先ほど説明した為替の24時間の中で、取引が活発になる時間と、そうでない時間があります。具体的には次の時間をチェックすると良いでしょう。
日本時間の午前10時前後日本の銀行が決済用のドルを買うことが多いために、比較的価格変動が大きくなることがあります。日本時間の午後9時以降は、ニューヨーク市場が活発化するため為替相場が大きく動きやすい時間帯です。これはアメリカの重要な経済指標の発表が日本時間の午後9時~午前0時に集中していることや株式市場が開くことも関係しています。
日本時間の早朝、ニューヨーク市場がクローズした後、取引量が少なくなるため、為替の変動幅が大きくなります。「スリッページ発生の可能性が増す」「スプレッドが大きくなる」などの現象も起こりやすく注意が必要な時間帯です。
これ以外に、前日のアメリカが円高であれば、東京にもその動きが引き継がれることが多いので、ニューヨーク市場の動向を確認しましょう。

週末からのポジション持越しはリスクが大きいので注意

平日だけでなく週末の動きにも注意しましょう。金曜日の終値と翌月曜日の始値に大きなギャップができることがあります。これを「窓あけ」と呼びます。各国の政治的な重要発言が金曜日の為替取引終了後に発表される場合があります。金曜日の取引終了後に事件や重要な発言があった場合には、月曜日の朝に対円で数十銭~数円もレートが上下に飛ぶこともあります。
最近では市場への影響を考慮して、市場がクローズしてから重要な発表が行われることが多いため、この現象の発生が増える傾向にあります。
週をまたいでポジションを持ち越す場合は、急な相場変動による窓あけのことを考慮して、市場の開始直後から十分な注意を払いましよう。また、相場の流れを変えるきっかけになることが多い経済指標の発表時間もチェックしておきましよう。

為替相場の一日の流れ(まとめ)

為替相場は時間帯によって特徴的な動きを見せる
為替相場の1日の動きを理解しよう
  • 日本の銀行が決済用のドルを買う午前10時前後も取引が活発になりチャンス
  • ニューヨーク市場が開けば取引量も多くなる
  • ニューヨーク市場が閉まるとスリッページが起こりやすいので注意
+関連ページ 長期向けのFX業者はここ
Page Top