FXのレバレッジと計算方法とは | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

FXのレバレッジと計算方法とは

レバレッジとはテコという意味で、証拠金を担保にして資金の数倍もの取引を行うことができます。つまり、口座に20万円の証拠金しかなくても、10倍のレバレッジを使えば、200万円分の外貨を取引できるのです。
1米ドル=100円のとき、1万米ドルを外貨預金しようと思えば、100万円が必要ですが、レバレッジをかけることで、1倍から多くて25倍相当の外貨を売買することができます。20万円で25倍のレバレッジをかければ、5万米ドル(500万円相当)の取引ができるようになります。
レバレッジが高くなるほど、勝ったときの利益は大きくなりますが、それと同時に負けたときの損失も巨額になることを忘れないでください。

大きな利益を狙うならハイレバレッジで取引

ここでは20万円の証拠金を使い、米ドルをレバレッジ1倍で「買い」から注文する場合と、レバレッジ25倍で取引する場合を比較してみましよう。分かりやすいように、この場合もレートは1米ドルを1円として計算します。レバレッジ1倍では、20万円で2,000米ドルを取引できます。一方、レバレッジ25倍の取引では、20万円で25倍の5万米ドルを取引できます。
この状態から5円の円安ドル高になると、どうなるか? スワップポイントや手数料は考慮しない結果を計算してみましょう。
1米ドルが100円から105円になり5円分の変動があったため、レバレッジ1倍の場合、2,000米ドルの価値は20万円から21万円(=2,000米ドル×105円)となり、1万円の利益が生まれます。一方、レバレッジ25倍の場合は、単純にレバレッジ1倍と比較して25倍の量の取引を行うため、25万円(5万米ドルの価値が500万円から525万円に増加)の利益になります。
このように、レバレッジをかけた取引の方が大きな利益を得られることが分かります。

レバレッジの倍率に比例してリスクも高くなる

では、同じ「買い」から入った場合でも、先ほどと逆で円高に進んだときの計算をしてみましよう。ここでは5円の円高になったとします。約定時のレートが1米ドル=100円、そこから95円まで円高が進んでいるので、レバレッジ1倍の場合、2,000米ドル価値は20万円から19万円(=1,000米ドル×95円)となるため1万円の損失が発生します。
一方レバレッジ25倍の場合、5万米ドルの価値は500万円から475万円(=5万米ドル×95円)に低くなるため25万円の損失です。
もし取引しているFX業者が強制ロスカッドラインを証拠金維持率40%に設定していれば、損失が20万円の40%、つまり口座残金が8万円以下に達した時点で強制ロスカットが行われます。これを相場に当てはめると、円高方向に2円40銭動いただけで強制ロスカットされてしまうのです。
FXの魅力であるレバレッジ取引は、メリットとデメリットが表裏一体。自分の持っている資金なら、どれくらいのレバレッジで取引するのが最適かを知ることがトレード上達の重要なポイントです。
+関連ページ 長期向けのFX業者はここ
Page Top