FXで重要な通貨ペアの選び方 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

通貨ペアの選び方

FXでは、FX会社が扱っている通貨であれば、どんなペアでも取引できます。しかし基本的には、通貨を発行する国の経済状況が把握しやすいところを選ぶことがポイントです。さらに通貨ペアごとに、スプレッドやスワップポイントが異なりますので、その違いも把握しておきましょう。また、マイナー通貨は、スプレッドが広がる傾向があるので、気をつけてください。

なじみの深い通貨で取引を始める

FX初心者であれば、ニュースなどで報道される量が多い米ドル円で慣れてから、通貨ペアの幅を広げていくのが無難といえるでしょう。このページではメジャー通貨を中心に、それぞれの特徴を解説していきます。

取引する通貨についての情報量がポイント

FXは必ず外貨の取引をします。そして各通貨は、取引する国の経済的状態によって、値動きにも特徴が出ます。
もちろん経済状態だけでなく、金利や対外貨の価格変動も考えなくてはいけません。FXで為替取引をしなければ、各国の政策金利などを知らなくてもあまリ問題はありませんが、 FXを始めるのであれば、各国の通貨について知っていた方が確実に有利です。なぜなら通貨を発行する国の経済・政治の状況や文化について把握すると、為替相場の予測に役立つからです。
FXでは、米ドルでユーロを買うといった、外貨同士の取引も可能です。それゆえ、通貨ペアには組み合わせが多く、FX業者によっては100種類以上の通貨ペアを取引できるところもあります。
もっとも、最初は米ドルやユーロなどのメジャー通貨に的を絞って取引するのが良いでしょう。ドルやユーロは情報量が多いため、値動きの理由などが理解しやすいのですが、マイナー通貨は情報量が少ないため、為替相場がなぜ変動したのかが分かりづらいことが多いのです。

米ドルは全通貨に対して影響力が大きい

通貨ペアのうち米ドル円以外の対円通貨ペアを「クロス円」と呼びます。対して、米ドルと日本円のペアは「ドルストレート」と呼びます。
例えば、ユーロ円というクロス円取引では、日本円とユーロを直接取引するのではなく、バックグラウンドで基軸通貨米ドルを通して日本円とユーロのやりとりを行います。二つのドルストレート(ユーロ米ドル、米ドル円)を掛け合わせることでユーロ円を求めますが、これはクロス円以外のクロスポンドやクロスユーロなど他通貨でも同じことが行われます。
このような仕組みがあるため、米ドル以外を取引する場合でも、米ドルには注意を払う必要があるのです。また、香港ドル、シンガポールドル、人民元を取引するのであれば、「ドルペッグ制」を採用する通貨であることを知っておきましょう。これらの通貨は対米ドルレートが固定されているため、米ドルと連動して為替変動します。
FX取引をするなら通貨ペアだけにとらわれず、各通貨と米ドルとの関係についてよく調べておきましょう。
+関連ページ FX入門講座
Page Top