FX取引の基本 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

FX取引の基本

FX取引では「買い」からでも「売り」からでも取引できるという大きな特徴があります。しかし、「売り」や「買い」と言われても、うまくイメLソできないという人も多いはずです。

「売り」からでも売買できるFXの大きな特徴

そこで、FXの基本である「売り」と「買い」を分かりやすく説明するために、具体例を挙げて説明していきましよう。ここではFX業者に証拠金10万円を預け、米ドル円の通貨ペアで1万米ドルの取引を行った場合について説明していきます。

理解しやすい「買い」「売り」のケース

ここでは売りと買いを分かりやすくするために1米ドル=100円だと仮定します。最初に1万米ドル100万円相当)を買います。その後、円安が進み1米ドル=105円になった時点で売ったとします。このとき、米ドルは105万円相当(105円×1万米ドル)ですので、為替差益として5万円の利益を得たことになります。つまり100万円で買った米ドルが105万円の価値になったということです。
逆に、100円で購入した米ドルが95円になれば、95円×1万米ドルですから、95万円となり、5万円の損失が発生します。ただし、FXでは原則的に購入した外貨を現物で受け取ることはできません。取引で発生した損益は証拠金から差し引きされます。差金決済と呼ばれるのはそのためです。
10万円の証拠金を元手に5万円の為替差益が生じれば、証拠金の10万円に利益分5万円がプラスされて15万円に増加します。反対に5万円の損失が出れば、証拠金から5万円引かれ5万円になるのは言うまでもありません。

米ドルの売り注文は日本円の買い注文でもある

日常的に例がないため、ピンとこないケースが多いのが、「売りから入る取引」です。なぜFXではいきなり「売り注文」ができるのか?
これはまず、通貨ベアを扱う場合の約束事から理解する必要があります。一般的にFXの「売り注文」と「買い注文」は、通貨ペアに最初に表示された通貨が基準になります。つまり「米ドル円」の場合、「売り注文」も「買い注文」も米ドルが基準になるのですが、この場合、「米ドルを売る」という行為は「日本円を買う」という行為と同じです。
FXは保証金を担保に、通貨ペアのどちらの通貨も売買できるため、混乱しないように基準が定められているのです。これは、証拠金を担保に日本円相当分の外貨を借りて取引できる、FXの大きなメリットです。「売り」からスタートするトレードを具体的に解説すると、まず、証拠金を担保にして1万米ドル借り、日本円を購入します。そして米ドルに戻すために決済し、その時点での差額で利益を出すのが「売り」から入る取引、というわけです。
「買い」のエントリーと「売り」のエントリーでは、利益が出る為替の値動きも逆になります。「買い」注文の場合、米ドル円相場であれば、チャートが上昇してドル高になれば利益が発生しますが、日本円を購入することになる「売り」注文は、チャートが右下がりになって円高になるほど利益が見込めるのです。
+関連ページ 長期向けのFX業者はここ
Page Top