FX(外国為替証拠金取引)とは | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

FX(外国為替証拠金取引)とは

FXの正式名称は外国為替証拠金取引といい、英語ではForeign Exchangeというため略称でFXと呼ばれています。FXは1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて一般投資家もできるようになった金融商品のことをいいます。

FXは世界中のお金を売買できる金融商品

一般的に知られている株式投資との大きな違いは、取引対象が世界のさまざまな国のお金である点です。つまり、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを売ってユーロを買うなど「通貨の売買」を行うのです。株式取引の場合は、上場廃止や倒産などのおそれがありますが、FXは国が破産しない限り紙くずにはならないので、安心して取引が行えます。このため、FXを始めると売買を行うお金や、関連するさまざまな国の景気の良し悪しが気になるようになり、世界経済の動きにも目が向くようになるのです。

金融商品の中でいちばんコストがかからない

FXの大きな特徴に、取引コストの安さが挙げられます。FXにはスブレッドと呼ばれる買値と売値の値段の差=取引コストがかかりますが、米ドル円の場合、スプレッドは1銭以下の業者がほとんど。さらに取引手数料までも無料となっている業者がものすごく多いのです。
FXとよく比較される外貨預金だと1円くらいのスプレッドが設定されています。これはFXのスプレッドの約100倍以上。さらに手数料も取られてしまいます。また、FXはレバレッジを最大25倍までかけることができるので、わずかなお金の短期取引でも大きな儲けが狙えるのです。小遣い稼ぎでFXを始める人が多いのは、このお得さが大きく関係しているようです。

いつでも・どこでも簡単に取引できる

FXは基本的に、土日以外は24時間いつでも取引できます。一方、株式取引は午前9時から午後3時までしか取引できません。この点もFXの大きな強みです。
携帯電話やスマートフォンから取引できる業者も多く、本業を持つ社会人でもプライベートな時間やちょっとした空き時間にFXの取引ができます。また、FX業者の提供する無料メールサービスでも多くの情報を得られます。現在ではパソコンが使えない外出先でも、自宅と変わらず取引が可能なのです。

FX取引きの流れ

FXをはじめてからパニックにならないよう取引きの流れを把握しよう
正しい知識と冷静に取り組めば立派な投資となるFX。運を天に任せるギャンブルとは根本的に違うという点をしっかり押さえておこう。
  • ①通貨を「買う」あるいは「売る」
  • ②相場を読んで決済のタイミングを待つ
  • ③エントリー後は必ず決済する
+関連ページ 長期向けのFX業者はここ
Page Top