MT4のバックテスト(検証)方法 | MT4(メタ4)の無料EAランキング! スカイトレード

成績はリアルタイムです。
MT4を使った簡単シストレ
MT4が使えるFX会社ランキング
ログイン

MT4のバックテスト(検証)方法

バックテスト機能(Strategy Tester)を使い、過去の為替レートデータを使って、EAの過去パフォーマンスをシミュレーションをすることができます。

ヒストリカルデータ(過去の為替レートデータ)をダウンロードする

まず上部メニュー内の「ツール」_「ヒストリーセンター」から過去の為替レートデータを取得します。つねに最新のデータを取得したほうがより正確な検証を行うことができます。
ヒストリーセンター

バックテスト機能(Strategy Tester)について

MT4にログインしたら上部メインメニュー内の「むしめがね」をクリックしてStrategy Testerの起動・表示させます。
Strategy Testerの起動

Strategy Tester画面

Strategy Testerの詳細

モデル

モデル
項目(用語) 説明
①EA(エキスパートアドバイザー) 使用するEAをプルダウンメニューから選択します
②通貨ペア 通貨ペアをプルダウンメニューから選択します
③モデル 使用する価格の種類をプルダウンメニューから選択します
④期間 時間軸を設定します
⑤日付と時間を使用 検証する期間を指定します
⑥ビジュアルモード バックテスト状況がチャート上に表示されます
⑦エキスパート設定 バックテストの詳細やパラメーターを設定します
⑧通貨ペアのプロパティー 通貨ペア情報を表示します
⑨チャートを開く 選択した通貨ペアのチャートを表示します
⑩エキスパート編集 Meta Editorを起動し、選択したEAを編集します
次に下図のようにEA(エキスパートアドバイザー)、通貨ペア、モデル、期間をプルダウンメニューから選択します。

EA(エキスパートアドバイザー)

エキスパートアドバイザー

通貨ペア

通貨ペア
①全ティック 最短期間のレートを利用するため、もっとも精度の高い方法です。
ただしバックテストに時間を要することになります。
リミット、ストップを入れたEAは同方法で検証することをおすすめします
②コントロールポイント 一定期間に1度レートを取得し検証する簡易テストです。
全ティック検証よりやはり精度は落ちます。
③始値のみ 始値に基づきバックテストを行う方法です。
ロウソク足を分析するための一番早いバックテスト方法。
足確定でエントリー、エグジットを行うEAはこの検証方法でも
問題はありません。

期間

期間

日時・時間を使用(検証期間)

期間

バックテストテストを開始する

今回は上記全項目を設定した後、ビジュアルモードを例にとりご説明します。
Strategy Tester内の「ビジュアルモード」にチェックを入れてスタートボタンをクリックします。チャート画面が自動的に表示され、売買シグナルの発生ポイント、バックテストの進行状況がリアルタイムで表示されます。
なお、ビジュアルモードにチェックをされても「最適化にチェックをされますとチャート画面は表示されませんのでご注意ください。

テスト開始

テスト開始

バックテスト結果の見方

下図のとおり、結果タブをクリックするとバックテストの結果を確認することができます。

結果

結果
項目(用語) 説明
①# 注文を行った順番
②時間 約定(やくじょう)時間
③取引種別 注文の種類
④注文番号 約定したポジションのNO(順番)
⑤数量 ロット数(1万通貨=0.1、1000通貨=0.01と表示)
⑥価格 約定(約定)したレート
⑦S/L決済逆指値 ストップ(決済逆指値)注文の価格
⑧T/P決済指値 リミット(決済指値)注文の価格
⑨損益 保有ポジション毎の決済、確定損益
⑩残高 現金残高

資産グラフ

StrategyTester
「レポート」タブ内で右クリックし「レポートの保存」を選択することで、設定内容やグラフを含むバックテストの結果をレポート形式で保存することができます。

レポート内容

レポートの保存方法
+関連ページ リアルタイムでEAの成績を確認しよう
Page Top